川口店ショールーム

汚したり傷つける方が難しい?セラミックトップの天板

こんにちは!

突然ですが皆さん。

キッチンで調理や食器洗いをしますよね。

そんな時、

ワークトップ(天板)を汚したり傷つけてしまうなんてことありませんか?

私は少し前に自宅のキッチンに傷をつけてしまい盛大に怒られたばっかりです!

そこで今回紹介するのは、

汚したり傷つける方が難しい?セラミックトップが選べるLIXILさんのキッチン、

【リシェル SI】をご紹介します!

 

と、いうわけで早速リシェルを取り付けた現場の写真をご覧ください。

20220929111526.jpg

KIMG0042[1].JPG

いかがですか皆さん。

こちらがリシェルSIのセラミックトップ【バサルトブラック】です。

黒いワークトップに目が行きますよね。

写真の撮り方が下手なところには目が行かないようお願いします・・・

とにかくオシャレでカッコいい!

熱々のお鍋やフライパンを直接おいても変色しずらく、

まな板を使わずに包丁を使っても傷がつきません!

(包丁が負ける可能性がある為、まな板を使うことを推奨します。)

私もこんなキッチンを使ってみたいなー・・・

 

リフォームしたばっかりで、使って無いキッチンなら汚れも傷もないから

本当に汚れも傷もつかないの?と思ったそこのあなた!

実はこの写真を撮る前日に、お客様がすでにお鍋を噴きこぼしてしまい、

さらにはそのお鍋を直接ワークトップに置いてしまっていたそうです。

そんな形跡が全く見られません!

正直、本当に吹きこぼしたのか疑ってしまいました。

(ガスコンロもガラストップの商品で、軽く拭いたら汚れがとれたそうですが、

今回はガラストップガスコンロの良さの紹介は割愛します。)

このキッチンだったら、私も怒られることがなくなる・・・かも?

 

他にもセラミックトップ、リシェルSIの良いところはたくさんありますが、

長くなってしまうため、今回はここまでとします。

もっと詳しく知りたい方や、興味のある方は

お気軽にご連絡ください!


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ